Deep Insight米国覆う「トランプ疲れ」

2020/7/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

党派を超えて米国民が祝う4日の独立記念日を、トランプ米大統領は事実上の選挙演説の舞台にした。「彫像を倒し、歴史を消し、自由を踏みにじる暴徒を決して許さない」。ホワイトハウスの招待客に愛国主義を喚起し、左派や中国、批判的なメディアをこき下ろし、新型コロナウイルスへの米政府の対応を手放しで自賛した。

政権3年半のどん底だった6月の鬱憤がにじむ。白人警官の黒人暴行死事件で広がった抗議デモを力で伏せる姿…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]