アジア勢、白金に買い 中国、上半期の取引量2.7倍 価格急落で割安感

2020/7/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

アジアを中心にプラチナ(白金)の買いが増えている。新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、白金の国際価格が急落したためだ。中国で現物の貴金属を取引する上海黄金交易所(SGE)では、1~6月の取引量が前年同期比で2.7倍に急増。日本でも価格を割安とみた個人投資家の購入が膨らんだ。

SGEの1~6月の白金の取引数量は約24トンとなり、前年の約9トンから大きく増えた。上半期として過去10年で最大だっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]