外食のあり方、一気に変わる
アフターコロナを考える ロイヤルHD会長 菊地唯夫氏

2020/7/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出制限や、店舗の休業要請はなくなった。それでも個人消費の回復には時間がかかりそうだ。日本経済新聞社が開催したウェブセミナー「アフターコロナを考える」に登壇したロイヤルホールディングス(HD)の菊地唯夫会長は、従来の外食産業の常識にとらわれない経営が必要になるとの認識を示した。

――新型コロナへの対策が必要と感じたのはいつごろですか。

「機内食事業やホテル事業な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]