気候変動の財務リスク予測 MS&AD、企業の情報開示後押し

2020/7/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険を傘下に持つMS&ADインシュアランスグループホールディングスは気候変動が企業に与えるリスクを分析するサービスを始める。米国企業の技術を使って財務への影響を予測し、企業が投資家から求められる情報開示を後押しする。

気候変動が経営に与える影響については、主要国の金融当局でつくる金融安定理事会(FSB)が金融機関や企業に開示を促している。FSBの気候…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]