迫真終わりなきプーチン体制(1)「運命の皇帝」命ある限り

2020/7/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ロシア大統領ウラジーミル・プーチンには7月1日に迫った憲法改正法案を巡る全国投票を前に、どうしても行きたい場所があった。モスクワ郊外に竣工した巨大なロシア軍大聖堂だ。第2次世界大戦の戦勝75年を記念し、栄光をたたえるような金色の尖塔(せんとう)が輝く。

6月22日、ドイツ軍戦車の部品が溶かし込まれた階段を踏みしめた。ロシア正教会のキリル総主教の出迎えを受け、荘厳な堂内に入る。礼拝後、プーチンは直…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]