選球眼 浜田昭八同僚が支える「勝負強さ」

2020/7/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

同じ1本の安打でも、打ったときの状況で評価は異なる。チャンスで打つ「得点圏打率」が高い打者は、勝負強いとたたえられる。逆に、ほどほどの打率を残していても、肝心な場面で振るわないと「どうでもいいときに打つのに」と蔑まれる。

それにしても巨人・坂本、DeNA・宮崎、楽天・浅村らの5割を超す得点圏打率のすごさ。15試合ほどを消化した時点で勝負強い、弱いと言うのは早い。閉幕時にはトップでも3割5分前後に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]