/

この記事は会員限定です

富豪VS大企業、豪州の陣

エネルギー大手分割 脱炭素巡り株主投票

[有料会員限定]

土曜の朝、オーストラリアの人々は全国紙に「分割反対に投票を」という全面広告の公開書簡を見た。

豪州の大手エネルギー企業AGLの14万8千人の株主に向けたものだが、国政選挙の真っ最中とあって政党の意見広告という形を取ったため、国内最大の石炭火力発電所を巡る争いが国中の食卓に届いた。

論争は、ソフトウエア事業で大富豪になった42歳のマイク・キャノンブルックス氏が、創業185年で炭素排出量が国内最大と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1826文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン