/

この記事は会員限定です

格下げ最多 世界で1400社 中銀支援で債務拡大

危機先送り懸念も

[有料会員限定]

企業の借金を返す力が落ちている。今年格付け(総合・経済面きょうのことば)が下がった企業は世界で約1400社と最多のペースだ。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中央銀行は企業の資金繰りを支援している。資金調達はしやすい状況だが、もともと生き残りが難しい企業まで延命されることで将来の危機が深まる懸念も出ている。

格付けは返済能力を反映する。手元資金を確保するため借入金が膨らむ一方で、新型コロナの収束...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン