都知事選2020論戦 静かなフィナーレ きょう投開票 候補者、コロナ配慮

2020/7/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

任期満了に伴う東京都知事選は5日、投票日を迎え、即日開票される。新型コロナウイルス禍での17日間の選挙戦で、各候補は感染防止や経済支援など新型コロナ対策や、東京五輪・パラリンピックの開催の是非をめぐって論戦を繰り広げた。

選挙戦は、れいわ新選組代表の山本太郎氏(45)、現職の小池百合子氏(67)、立憲民主、共産、社民の各党が支援する元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(73)、元熊本県副知事の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]