岸、気張らず初勝利 宝刀カーブで信頼に応える

2020/7/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

本来開幕の時期だった3月に腰を痛めたのは不覚だったが、楽天・岸への首脳陣の信頼は揺らがなかったらしい。

それがわかったのが三回のピンチ。1死一塁から連続四球を与え、打者は5番、マーティン。コーチがマウンドに急行してもおかしくなかったが、伊藤投手チーフコーチはベンチでどっしり構えていた。

近ごろはエース級の投手でも、序盤からコーチがマウンドに向かう。そんな"過保護"は投手の格まで下げかねず「任せた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]