不安増す宅配網 外出増→再配達じわり 大手、「置き配」に活路

2020/7/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

宅配大手が物流網の維持に苦心している。在宅勤務拡大に伴う「巣ごもり消費」でネット通販が急増。各社は配置転換や置き配などで急場をしのぐが、減少傾向だった再配達も一転して増え始めた。「宅配クライシス」の再燃が懸念される。

「1日に運ぶ荷物は体感で1.5倍以上」。ある中小事業者の男性トラックドライバーはネット通販経由の大量注文にため息をつく。3月以降、2リットルのペットボトル水やトイレットペーパーなど…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]