球磨川氾濫、街のみ込む
震える住民「避難できず」

2020/7/4付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

夜明け前の集落を猛烈な雨が襲った。大量の雨をもたらす「線状降水帯」が形成されたとみられ、熊本県の球磨川が氾濫したほか各地で土砂崩れ、道路の冠水などが相次いだ。「1階が浸水して避難できない」「車が水に漬かっている」。被災住民は声を震わせた。(1面参照

「経験したことのない量の雨で、外はほとんど前が見えなかった」。熊本県人吉市で喫茶店を営む男性は声を震わせた。

店舗兼住宅は高台にあり、大きな被害は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]