苦境の波、遅れ到来 7割が減収、一時帰休も

2020/7/4付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスに関する外出自粛要請が直撃した観光業や飲食業と比べて、町工場などの中小製造業は数カ月遅れで、大手の減産の影響が出始めている。

機械・金属関連の中小製造業でつくる産業労働組合「JAM」によると、加盟組合の7割で5月の売上高が前月を下回った。従業員を4月に一時帰休させた組合は全体の4分の1に上り、前月比約6倍。中井寛哉書記長は「第2波、第3波がくれば中小零細はかつてない打撃を受ける…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]