/

この記事は会員限定です

超長期債、買い手消える日

生保、規制対応が一巡 銀行には売り圧力

[有料会員限定]

国債市場で、超長期債の金利上昇(価格下落)を警戒する声が強まっている。資本規制への対応で買ってきた生命保険会社の対応が一巡したほか、銀行勢は外債運用の失敗で利益確定の売りを迫られている。人口減で運用資産が増えなくなるという構造的な課題もあり、市場は国債消化の持続可能性を問うシグナルを発している。

「5月に入り、超長期債をベンチマーク比でややアンダーウエート(弱気)とし、長期債のオーバーウエート(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン