/

この記事は会員限定です

生保、追い風参考の最高益

前期10%増4.1兆円、円安が押し上げ 市場変調で持続に懸念

[有料会員限定]

主な生命保険会社の2022年3月期決算が26日出そろった。堅調な株式市場を背景に保有株の配当金や投資信託の分配金が伸び、最高益を更新する会社が目立った。円安で収益が押し上げられた面は否めず、持続力には疑問も残る。米欧が金融引き締めに動くなか、市場の急変動によるリスクを適切に管理できるかが課題となる。

本業のもうけを示す基礎利益が前の期比26%増の8721億円となり、15年に連結ベースの開示を始め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1326文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン