「大阪モデル」新たな基準 経済優先、休業要請の対象絞る

2020/7/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大阪府は3日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、感染状況に応じて休業などを再要請する「大阪モデル」の新基準を決めた。医療体制が整ってきていることなどから、従来より休業要請の実施などを限定的にする基準に改めた。要請の対象も絞り込み、経済へのダメージを最小限に抑える狙いだ。

吉村洋文府知事は3日の同会議で「感染対策をとりながら、社会経済活動を動かしていくのが重要だ」と述べた。新基準は3日から適…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]