2強グラブ・ゴジェック スーパーアプリ戦略岐路
「生活全般お任せ」見直し、配車・宅配・決済に集中

2020/7/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ジャカルタ=地曳航也、シンガポール=中野貴司】東南アジア配車サービス2強、グラブとゴジェックは祖業の配車、宅配、決済など金融に経営資源を集中する。新型コロナウイルスの影響でともに約10年前の創業以来初の人員削減に踏み切り、非中核事業から撤退する。生活関連のあらゆるサービスを提供する「スーパーアプリ」構想は見直しを迫られた。最近の経営陣の発言から課題や戦略を探る。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]