「いきなり!」再生へ瀬戸際 堅調な「ランチ」売却
ペッパー、ステーキ店など114店を閉鎖

2020/7/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

外食チェーン大手のペッパーフードサービスは3日、安価なステーキが主体の洋食事業「ペッパーランチ」を投資ファンドに売却すると発表した。売却資金で主力の「いきなり!ステーキ」を立て直す考えだが、客離れが進むほか、新型コロナウイルス下で消費が冷え込む中での再生は容易ではない。

投資ファンドのJ-STAR(東京・千代田)に売却する。ペッパーランチは1千円以下のハンバーグやカットステーキを提供している。2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]