/

この記事は会員限定です

「いきなり!」再生へ瀬戸際 堅調な「ランチ」売却

ペッパー、ステーキ店など114店を閉鎖

[有料会員限定]

外食チェーン大手のペッパーフードサービスは3日、安価なステーキが主体の洋食事業「ペッパーランチ」を投資ファンドに売却すると発表した。売却資金で主力の「いきなり!ステーキ」を立て直す考えだが、客離れが進むほか、新型コロナウイルス下で消費が冷え込む中での再生は容易ではない。

投資ファンドのJ-STAR(東京・千代田)に売却する。ペッパーランチは1千円以下のハンバーグやカットステーキを提供している。2千~3千円が主体のいきな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン