介護サービス、継続綱渡り 医療と連携し人材拡充を
次の波までに 早稲田大教授・野口晴子氏

2020/7/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大によって各地の福祉施設でクラスター(感染者集団)が発生し、介護サービスの低下や停止を余儀なくされた。緊急事態宣言が解除された後も、北九州市の特別養護老人ホームで集団感染が起きた。備えのポイントを、社会保障論を専門とする早稲田大の野口晴子教授に聞いた。

2~3月、名古屋市の通所介護(デイサービス)施設で集団感染が発生した。市は計126施設に2週間の休業を要請したが、半数…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]