/

この記事は会員限定です

第十五狂言ざゞん座

[有料会員限定]
第十五狂言ざゞん座 11日午後2時。若手の弟子の研さんのため野村万作が主宰している、年1回の狂言会。初の試みとして、東京・目黒の喜多能楽堂から電子チケット販売プラットフォーム「Zaiko」を通じてライブ配信する。演目は「縄綯(なわない)」「見物左衛門 深草祭」「首引」。3000円。万作の会電話03・5981・9778。
無畏 31日~8月10日、下北沢・駅前劇場。2000年に結成し、社会派の作品を発信する劇団チョコレートケーキ電話080・9080・1861。孫文や蒋介石と親交を結び、日中友好を願いながら戦犯となった日本の陸軍軍人・松井石根の晩年を描く。4300円。
第14回 シアターΧ 国際舞台芸術祭2020 12日まで、両国・シアターX(カイ)電話03・5624・1181。「蟲(むし)愛づる姫とBIOhistory」をテーマに開催している。7、9、11日はそれぞれ3演目ずつ、演劇、朗読やダンスを演じる。12日はガラ公演で、舞台芸術祭の中核だった4人のアーティスト(故人)に4作品をささげる。1000円。
読売日本交響楽団 #孤独を乗り越え、進め! 《特別演奏会》 14日午後7時、溜池山王・サントリーホール。コープランド「市民のためのファンファーレ」、「静かな都市」(トランペットは辻本憲一、イングリッシュ・ホルンは北村貴子)、ハイドンの「交響曲第100番『軍隊』」。米国などで活躍し、今秋からサヴァンナ・フィルハーモニックの音楽・芸術監督に就任予定の原田慶太楼が指揮を振る。5000円。楽団チケットセンター電話0570・00・4390。
NHK交響楽団 無観客演奏会 17日午後7時半からNHK-FM「ベスト オブ クラシック」で生放送する。ネットラジオ「らじる★らじる」でも聴取可能。N響として4カ月ぶりの活動再開となる。演目はモーツァルト「ディヴェルティメント第14番」、ワーグナー「ジークフリート牧歌」、ベートーベン「交響曲第1番」指揮は首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィのアシスタントを務めた熊倉優が務める。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り0文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン