/

この記事は会員限定です

粕漬け三昧 魚や肉 香ばしく滋味

小泉武夫

[有料会員限定]

我が輩は造り酒屋に生まれたせいで、小さいときから酒粕(かす)料理をとても多く食べていた。中でも酒粕に魚や肉。野菜などを漬け込んだ粕漬けは、材料を保存させながら美味(おい)しく食べることができるので勝手(台所)では重宝していた。小さいときから食べていたものというのは、幾つになっても忘れがたくなるもので、今でもかなりの頻度で粕漬けで味覚極楽を決め込んでいる。

ずっと前までは食料品売り場で買ってきたもの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン