文化往来服部克久さんの音楽 昭和彩る

2020/7/4付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

6月11日に83歳で亡くなった作曲家の服部克久さんは、昭和の高度成長期から平成まで日本のポピュラー音楽界に欠かせない顔だった。音楽番組「ザ・ベストテン」のテーマ曲を書き、山口百恵の引退公演の監督を務め、谷村新司の「昴」の編曲を手がけるなど、仕事は多岐にわたり、作曲、編曲した譜面延べ6万曲分が自宅に残された。

「青い山脈」「東京ブギウギ」などを作曲した昭和のヒットメーカー、服部良一の長男として生ま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]