/

この記事は会員限定です

東証プライム165社、初任給を4割が引き上げ

NECは組合要求5倍

[有料会員限定]

企業が初任給引き上げで若手人材の確保を急いでいる。一般財団法人の労務行政研究所によると東証プライム上場企業の165社のうち、2022年4月に入社した新卒社員の初任給を引き上げた企業は4割を超え過去10年間で最高だった。若手人材の不足感が高まるなか、企業は給与水準を高めて取り込みを急ぐ。

労務行政研究所の速報値では、165社のうち初任給を全学歴で引き上げた企業は41.8%と前年度比24.7ポイント...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1018文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン