/

この記事は会員限定です

心筋梗塞後の独居、死亡率高める要因に

[有料会員限定]

順天堂大学医学部付属静岡病院 諏訪哲先任准教授と荻田学准教授らは急性心筋梗塞を起こした65歳未満の人は、退院後の「一人暮らし」が死亡率を高める要因となることを突き止めた。65歳以上は一人暮らしでも死亡率に影響しなかった。

研究グループは急性心筋梗塞で同院に搬送され緊急カテーテル治療を受けた患者2547人について、退院してから平均5年後の死亡率を調べた。65歳未満で一人暮らし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン