絵の具手作り100年 色不変
文化人が通う銀座の画材店「月光荘」3代目、後進育成にも力 日比康造

2020/7/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京・銀座8丁目の雑居ビルの中に月光荘はある。創業は大正6年(1917年)。絵の具、絵筆、パレットからそれらを持ち運ぶバッグまですべてを自社で製造し販売する。100年を超える老舗は私で3代目となる。創業者は祖父の橋本兵蔵だ。もともと、絵が好きでたまらないから始めた店ではない。運命を変えたのは偶然の出会いだ。

祖父は富山で生まれ育ち、18歳で上京。郵便局員や運転手などをしながら暮らしていた。あると…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]