日赤がガイドライン 差別・偏見への対処も指南

2020/7/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本赤十字社は3月、「新型コロナウイルス感染症に対応する職員のためのサポートガイド」を策定し公開した。日赤職員向けだが全国の医療機関での活用も想定。ウイルスによる症状だけでなく、職員の不安や恐れ、差別・偏見に対処するよう求めている。

ガイドラインは新型コロナウイルスは「3つの感染症」を起こすと指摘する。(1)病気そのもの(2)ウイルスが見えないことや治療法が確立されていないことへの不安や恐れ(3…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]