日航機墜落35年 慰霊行事を縮小 来月、感染対策を優先

2020/7/3付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

乗客乗員520人が亡くなった1985年の日航ジャンボ機墜落事故で、群馬県上野村などは3日までに、墜落現場の麓にある「慰霊の園」で毎年8月12日に開いてきた追悼慰霊式を、今年は縮小すると明らかにした。遺族らによる前日の灯籠流しも中止。事故35年となるが、新型コロナウイルス対策を優先した。

村によると、昨年10月の台風19号で被災した、墜…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]