日米欧の雇用危機 迫る第2波
支援制度が期限切れへ 1億人利用、負担すでに100兆円

2020/7/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスがもたらす雇用危機の「第2波」が近づいてきた。日米欧で1億人が利用する各国の雇用支援制度(総合2面きょうのことば)で今夏から期限切れが相次ぐ。航空や観光などの雇用環境は依然厳しく、打ち切れば多くの失業者を生み出しかねない。一方、現行制度では政府支出が100兆円に達し、延長すれば財政負担は膨れ上がる。各国は難しい判断を迫られる。

欧州各国は3月から経済活動に厳しい制限をかけたにも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]