石炭火力抑制に転換 経産省、低効率100基を休廃止へ
高依存に世界から批判 欧州の全廃路線とは一線

2020/7/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

経済産業省が低効率な石炭火力発電所の休廃止に乗り出す。低効率とされる約110基のうち9割にあたる100基程度を対象とし、2030年度までに段階的に進める。国際社会の強い批判に応える狙いだ。ただ急激な抑制には電力各社の反発も強く、経産省は低効率型の休廃止を進める一方、高効率型の発電所は維持する方針。欧州の全廃路線とは一線を画すことになり、どこまで理解を得られるか微妙だ。(1面参照

石炭火力に依存…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]