/

この記事は会員限定です

変わるか、安いニッポン3 「優等生と呼ばないで」

[有料会員限定]

「物価の優等生なんて呼ばないでほしい」。もやし生産を手掛ける旭物産(水戸市)の社長、林正二はぼやく。

生産コストの上昇が重い。栽培施設を暖める燃料代は2021年10月~22年3月に前年同期より5割高騰した。コスト増を出荷価格に転嫁すべく2月から取引先と交渉しているが、値上げの受け入れは一部にとどまる。スーパーで特売にも重宝されるもやしは「安くて当たり前」との印象を抜け出せない。

世界情勢も影を落...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り758文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン