/

この記事は会員限定です

ENEOSホールディングス社長 斉藤猛氏(上)

価格方式、役員に直談判

[有料会員限定]
  ■先輩に怒られても、商習慣に疑問。

日本石油(現ENEOSHD)に入社して8年目の1993年、広島支店に赴きます。新人で配属された東京地方支店は家庭的な雰囲気の職場で、社会人の基礎を教わりました。その後、化学品や製紙会社といった法人への重油などを扱う産業燃料部で厳しく育てられました。一人前になったと勘違いし、広島への辞令を巡って「僕を転勤させるのは会社の損失だ」と上司に食ってかかり、怒られたこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1069文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン