/

この記事は会員限定です

(1)トヨタ首位、最高益2.8兆円

3月期企業の前期純利益額 調達網強く円安追い風

[有料会員限定]

4年ぶりの最高益となった2022年3月期決算。新型コロナウイルス禍やロシアのウクライナ侵攻など厳しい環境下でも稼いだ企業はどこか。ランキングデータから分析する。初回は純利益を取り上げる。

日本経済新聞が3月期決算の東証プライム上場企業(変則決算や金融除く)約1120社を対象に集計したところ、22年3月期に純利益が首位となったのはトヨタ自動車(2兆8501億円、国際会計基準)だった。同社の首位は2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1418文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン