/

この記事は会員限定です

山口・阿武町の誤給付、4299万円確保も対応後手

行政のデジタル化急務

[有料会員限定]

山口県阿武町が給付金4630万円を町内の男に誤って振り込んだ問題で、町は24日、約4299万円を確保した。滞納していた税金の徴収を切り口に、回収の見通しはつけたが、一連の事態は手続きを誤り早期の仮差し押さえも見送った町が招いた。男の逮捕から25日で1週間。後手が続いた行政の姿勢からは、公金を扱う自覚の希薄さが浮かぶ。

「事件の発端が町の事務のミス。改めておわび申し上げたい」。花田憲彦町長らが24...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン