/

この記事は会員限定です

伸びぬ特定技能 遠い「開国」

手続き煩雑、コロナ逆風

[有料会員限定]

外国人の在留資格に新しく加わった「特定技能」が伸び悩んでいる。2019年4月の創設から1年余りたったが、目標の1割に満たない。新型コロナウイルスの感染収束後の経済再生に向け、人手不足への対応は引き続き大きな課題だ。日本が働く場所として外国人に選ばれる国にしていけるかが問われている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り923文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン