こころの玉手箱仏文学者 宮下志朗(5) 古典の「翻訳者」

2020/7/3付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

それにしても、ずいぶん翻訳をした。最初はもっぱら研究書の共訳、やがて単独訳もできるようになり、文学やエッセイなども手がける。そして還暦近くからは、古典の新訳に多大の時間を費やした。ラブレーとモンテーニュをほぼ同時期にやったのだから、まさに常在戦場の心もちだった。 ラブレーの渡辺一夫訳、『エセー』の関根秀雄訳、共に不動の名訳である。でも、いかなる名訳も、やがて古色を帯びる。骨董品なら愛(め)でてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]