/

この記事は会員限定です

仏文学者 宮下志朗(5)

古典の「翻訳者」

[有料会員限定]

それにしても、ずいぶん翻訳をした。最初はもっぱら研究書の共訳、やがて単独訳もできるようになり、文学やエッセイなども手がける。そして還暦近くからは、古典の新訳に多大の時間を費やした。ラブレーとモンテーニュをほぼ同時期にやったのだから、まさに常在戦場の心もちだった。 ラブレーの渡辺一夫訳、『エセー』の関根秀雄訳、共に不動の名訳である。でも、いかなる名訳も、やがて古色を帯びる。骨董品なら愛(め)でていれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り672文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン