/

この記事は会員限定です

死亡保障は必要か 遺族年金と貯蓄を確認

ファイナンシャルプランナー 岩城みずほさん

[有料会員限定]

妻子持ちの会社員です。生命保険会社の営業職の知人から保険商品を勧められています。自分に何かあったときに備え、死亡保障は付けたほうがいいのでしょうか。

保険の過剰契約に悩む人は多いです。金融庁は保険会社に対して、個人が公的保障以外に民間保険が必要なのか、適切に理解したうえで加入の要否を判断できるよう促しています。

保険料の過大出費で自由に使えるお金を減らさないよう、勧められたまま加入せず、個人が正...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り569文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン