/

この記事は会員限定です

組み入れ強化も選択肢

金融・貴金属アナリスト 亀井幸一郎さん

[有料会員限定]

地政学リスクのない平和な時代に、私は個人の金の保有比率として金融資産の5%程度を多く勧めてきました。特に日本は長期的な円高傾向の中、普通の円資産でも相対的に価値が高まる状況だったので、金を持つ必要が乏しかったとも言えます。

しかし状況は変わりました。ウクライナ問題を機に世界は分断され、世界的なインフレは簡単に収まりそうにありません。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り168文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン