新型コロナの労災認定 医療・介護関係が大半 17人中13人

2020/7/2付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスに感染し、6月10日までに労災認定された全国17人の職業が、厚生労働省関係者への取材で分かった。バスガイドや土木作業員ら4人が含まれ、看護師や医師ら医療・介護従事者は13人だった。

厚労省はこれまで「生活関連サービス業」などと業種までは公表しているものの、職業については明らかにしていない。

関係者によると、4人は中国武漢市からの観光客のガイドを担当したバスガイドと、感染した同僚…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]