カヌー宮田、感謝胸に再出発 五輪代表、2カ月ぶりに合宿

2020/7/2付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

1年延期となった初めての五輪へカヌー漬けの日々に戻った。スプリント男子カヤックフォア(K4)500メートル東京五輪代表が2カ月ぶりに石川県小松市で強化合宿を再開。4人のメンバーで最も若い29歳の宮田悠佑(和歌山県教育センター学びの丘)は「練習に集中できる環境や(船を)並べてこぐことのありがたみを感じる」と再出発に胸を熱くした。

福島県出身。習っていた水泳が中学校の部活動になく「水つながり」でカヌ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]