/

この記事は会員限定です

企業、経済安保の専門組織 日立やIHI

情報収集・分析 撤退など素早く判断

[有料会員限定]

国際情勢が激変する中、日立製作所などが経済安全保障に関する情報収集や地政学リスク分析のための専門組織を相次いで社内に設けている。ロシアのウクライナ侵攻では欧米の企業に比べ日本企業の事業停止判断の遅れが指摘された。企業は平時からリスクへの備えを進めることで、迅速な経営判断と損失軽減に生かしたい考えだ。

日立は2022年4月、渉外部門内に経済安全保障室を新設した。各国動向などの情報収集を強化し、リス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り485文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン