/

この記事は会員限定です

米IT、ヘルスケアに照準

GAFAM、特許出願10年で10倍 技術蓄積し囲い込み

[有料会員限定]

マイクロソフトやアップルなど米IT(情報技術)大手5社の特許情報を専門家の協力を得て分析すると、ヘルスケアのデジタル化を見据えて技術を蓄積する姿が浮き彫りになった。関連の出願は2000年代に比べて10年代には約10倍になった。健康管理や遠隔診療などでデータや顧客の囲い込みを急ぐ。27年に市場規模は16兆円とも推定され、どこでも診断や治療ができる将来を目指す競争が進む。

調査は特許分析の専門家でつ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン