香港国家安全法の要旨 テロ主導なら終身刑も/香港の法律規定に優先

2020/7/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

香港で6月30日に施行された国家安全維持法の要旨は以下の通り。

【総則】

中央政府は香港の国家安全に根本的な責任を負う。学校、メディア、インターネットなど国家安全に係る事項に香港政府は必要な措置をとり監督を強化する。

香港行政長官は中央政府に年度報告を出す。

【国家安全維持委員会】

香港政府は国家安全維持委員会を設立し、中央政府の監督と問責を受ける。国家安全維持委員会は行政長官が主席を務める。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]