/

この記事は会員限定です

日立建機、在庫1割削減

CFO「資金収支黒字に」

[有料会員限定]

日立建機の塩嶋慶一郎最高財務責任者(CFO)は1日までに日本経済新聞の取材に応じた。「2021年3月期に棚卸し資産を300億円規模で削減する」と述べて、在庫を1割削減する方針を示した。2期連続の赤字が続く資金収支についても在庫の削減効果を通じて、3期ぶりの黒字転換を目指す。

塩嶋氏は20年4月に現職に就任した。就任1年目の事業環境を「大変厳しく、耐えどき」との認識を示した。今期の売上高は前期比17%減の7...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り314文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン