東南ア、企業誘致を拡充 対日米欧、「脱中国」受け皿

2020/7/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ジャカルタ=地曳航也】東南アジア諸国連合(ASEAN)の加盟国が相次ぎ外資誘致の取り組みをてこ入れしている。新型コロナウイルス禍の結果、製造業のサプライチェーン(供給網)を中国に依存することへの懸念が高まっており、世界の生産体制の再構築を模索する日米欧の企業の受け皿になる思惑がある。

東南アジア各国は米中貿易戦争を踏まえて中国からの生産移管を受け入れようとしてきたこれまでの動きを加速する。国連…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]