/

この記事は会員限定です

シンガポール首相、米主導の経済枠組み「参加」

TPPは中国加盟支持

[有料会員限定]

【シンガポール=中野貴司】シンガポールのリー・シェンロン首相は日本経済新聞の単独インタビューに応じた。米国が主導するインド太平洋経済枠組み(IPEF)への参加を明言すると同時に、中国の環太平洋経済連携協定(TPP)加盟も「歓迎する」と語った。ロシアのウクライナ侵攻に関しては「アジアの秩序にも当然影響を及ぼす」と指摘し、法の支配の重要性を強調した。(関連記事総合・経済面、一問一答を電子版に)

バイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン