/

この記事は会員限定です

シンガポール首相、台湾問題で中国に自制促す

国際秩序「弱肉強食、強国も益なし」 世界経済「景気後退のリスク高い」

[有料会員限定]

シンガポールのリー・シェンロン首相は日本経済新聞のインタビューで、ロシアのウクライナ侵攻の教訓が「台湾海峡の問題でも熟考されることを望む」と述べ、中国に自制を促した。世界経済は「景気後退を引き起こすリスクが高い」と警鐘を鳴らした。インタビューの主なやり取りは以下の通り。(1面参照

――ロシアのウクライナ侵攻によって、民主主義国家と権威主義国家の対立がかつてないほど先鋭化しています。

「大いに心...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1689文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン