/

この記事は会員限定です

シニアに声出す場を

ロボット通じ会話・オンラインで合唱… 呼吸・認知機能の低下防ぐ

[有料会員限定]

ロボットやオンラインを通じ、高齢者が「声を出す」場を確保する動きが広がってきた。外出自粛で会話が減ると、呼吸や認知機能の低下につながる恐れがあるためだ。政府の調査によれば60歳以上のビデオ通話の経験者は約半数にとどまる。専門家は「より多くのシニアに体験の機会を」と求めている。

内閣府が5~6月、60歳以上に同居人以外との会話状況を尋ねたところ、「誰とも話さない」が20%に達した。新型コロナウイルス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1072文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン