/

この記事は会員限定です

豪次期首相 アンソニー・アルバニージー氏

左派の闘士、政権運営は未知数

[有料会員限定]

10代で労働党員となって以来、党内の激しい派閥抗争をしたたかな戦略と機転でくぐり抜けてきた。有権者の間に広がったモリソン政権への不満と飽きをすくい取り、9年ぶりの政権交代を実現させた。(総合・政治面参照

労働者階級に生まれた母は1962年、英国に向かうクルーズ船でイタリア人乗組員と恋に落ちアルバニージー氏を身ごもった。その後、身重で単身シドニーに戻り、公営住宅でシングルマザーとして同氏を育てた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り509文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン