/

この記事は会員限定です

(ゴルフ)ぎりぎり決勝、表情厳しく

グリーン上で苦戦

[有料会員限定]

松山は最終18番で3メートル半のパーパットを外してボギーを打った。予選カットライン上でぎりぎり決勝ラウンドに進み、表情は終始厳しかった。出だしからグリーン上で苦戦した。1番では1メートル強を外してボギー。3番で60センチ、5番では4メートルを沈めてバーディーと盛り返したが、パー3の6番はバンカーから寄せられずにボギーとした。

後半はチャンスを生かせず、10番は「簡単なラインじゃなかった」と3メー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン